• LINE予約
  • 03-5851-8785
  • 料金表

膝の痛みなら足立区六町・西新井・北千住のファミリア整骨院の整体

足立区六町・西新井・北千住のファミリア整骨院では正座などをして膝の痛みがあるときや、整形外科で変形性膝関節症と診断された患者さまの治療を行なっています。

 

変形性膝関節症は長く使っていたり繰り返させる負担や、怪我などで関節の軟骨が擦り減ったり、骨の変形が起きる病気です。

 

主に原因がはっきりしない加齢で起きる一次性と何かの原因で起きる二次性があります。

 

二次性だと骨折や脱臼、十字靱帯損傷や半月板(はんげつばん)損傷などの外傷、通風や化膿性関節炎などの炎症、関節の変形などで主に女性や肥満の人が多くて年齢とともに増えます。

 

初期だと膝のこわばり感や歩き始めや階段の昇り降り、長い時間の歩行や立ち仕事の後などに痛みが起きやすく、炎症が強いと関節内に関節液が溜まって関節がはれてしまい膝を曲げたときに痛みが強くなります。

 

進行すると動きも制限されて正座や膝を完全に伸ばすのも難しくなり、痛みや歩行障害が起きて日常生活にも支障がおきますしO脚やX脚といった変形が進みます。

 

他にも膝の半月板損傷が起きたり関節内遊離体や膝の後ろにベーカー嚢腫(のうしゅ)が合併することもあります。

 

足立区六町・西新井・北千住のファミリア整骨院では膝の痛みの原因がどこかを検査します。

 

どのようなときにどんな動きで起きるかがポイントです。

 

普段の生活で骨盤などが歪みが置きやすいくせなども確認して正しい位置へ戻していきます。

 

長い間、骨格が歪んでいると膝にも負担がかかっています。

 

進行して変形が酷くなると治療も難しくなり完全に戻らないこともありますし、はじめは痛みが少なくても長期間になると大きく変形していくこともあるので少しでも違和感があったときは足立区六町・西新井・北千住のファミリア整骨院で早期改善していくことをおすすめいたします。